So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
■ 手組ホイール ブログトップ
前の5件 | -

MTB用ホイールを組み立てました。 [■ 手組ホイール]

ヤフオクで超安く出品されていた650Bの手組みホイールキットを落札したので、久しぶりに手組みホイールに挑戦です。
DSCF5801.jpg
前後合わせて2,000円+送料だけ。
タイミングが良かったのか競うことなく手に入れました。

何度か手組みをしているので、手順は少し慣れました。
まずは、スポークプレップで、緩み止め処理です。
DSCF5803.jpg
そろそろ無くなって来たので、買い足さないといけませんね。

組み立てる前に、ニップルにも潤滑油をふりかけておきます。
DSCF5804.jpg
効果あります。

進行方向やブレーキの負荷のかかる向きに混乱しながら、なんとか仮組みできました。
DSCF5806.jpg
訳わからなくなって、3回ほど組み直したけどね。

仮組みができたら、振れ取りタイム!
DSCF5812.jpg
過去に失敗の連続だったので、今回はちょっとコツを掴んだ気がする。
乗り心地の悪いMTBにアセンブルするので、テンション低めで組んでみました。

ホイールが完成したら、リムテープです。
DSCF5810.jpg
パナレーサーのリムテープが丈夫なので好きです。
その代わりに、重いけど。

ローターはセンターロックになるので、アダプターも買ってみました。
DSCF5811.jpg
ちょうど安く売られていた160mmのセンターロックのローターが1個しか在庫がなかったから、片方はアダプターで6穴ローターを流用です。

この後に、重量を測ったけど、現在のものより少し軽いかな?って位の仕上がりでした。
アルミリムで32本スポークだったら、仕方ないですよね。
しかし、回転は吊るしのホイールよりは良くなった!







MINOURA(ミノウラ) 振取台 FT-1 COMBO

MINOURA(ミノウラ) 振取台 FT-1 COMBO

  • 出版社/メーカー: ミノウラ(MINOURA)
  • メディア: スポーツ用品



nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

ホイールを組み立てました。 [■ 手組ホイール]

以前に、リアホイールでフリー側1交差の反フリー側ラジアルという超アグレッシブなホイールを組んでいたのです。
スポークのテンションが高すぎるので、ちょっとした衝撃でスポークが折れて、そのまま放置していたものを、いい加減に直すことにしました。

手組ホイールにハマっていた時期には、色々とホイールを組んだりバラしたりしていたので、捨てずに置いていた適当な長さのスポークを組み合わせて、14Gのスポークで2交差組をすることにしました。
DSCF2762.jpg
星のスポークと、メーカーを失念したカラースポークで組んでみました。
フリー側だけをカラースポークの青にしようと思ったのですが、1本だけ反フリー側も青が混ざっております。

特に注意せずに組んだら、空気入れバルブの穴を広くするのを忘れる初歩的なミスをしていました。
DSCF2761.jpg
バルブの長さが短かったら、問題ないのかな?

ある程度のテンションに組んでから気がついたので、もう一度テンションを緩めて、組みなおしました。
大変に面倒な作業です。

どうしても縦振れがうまく取れないですが、一旦乗ってみて、テンションをなじませてから、また直そうと思います。
DSCF2771.jpg
直す根気があるかですが・・・。
というか、このままにして、しばらく乗らない気もします。

ホイール組の達人 [DVD]

ホイール組の達人 [DVD]

  • 出版社/メーカー: サイクルメンテナンス
  • メディア: DVD



nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ホイール組立て(5)リアホイールのやり直しのやり直し [■ 手組ホイール]

ニップルが傷だらけにならないようにするにはどうしたらいいかと調べていたら、リアホイールの組立を根本的に間違えていることに気が付きました。
P1080151.jpg
交差しているところでスポーク同士が重なって多少曲がっているのが正しいようです。

相方さんのホイールもそうなっています。
P1080145.jpg

組立てる時に、この奥のRS80を参考にしていたのですが、RS80はスポークが細いのと完組ホイール用の別設計のためか、交差のところでスポーク同士が重なっていません。
重なっているところが触れていないのが正しいと思い込んで、組んでいたので気が付きませんでした。

ああ。めんどくさい・・・しかし、楽しい。
また組める理由ができたので得した気分です。

作業中にニップルが壊れては、バラして取り外してと時間がかかりましたが、組替え終了です。
P1080152.jpg
怖いくらいにスポーク曲がっているものなのですね。

見た目は、スポークが交差するところで重なって曲がらない方が見た目がいいのに、ちょっと残念です。

振れ取り台を床において作業をすると、腰が痛いです。
腰を痛める前に、作業台を考えようと思います。

MINOURA(ミノウラ) 振取台 FT-1

MINOURA(ミノウラ) 振取台 FT-1

  • 出版社/メーカー: MINOURA(ミノウラ)
  • メディア: スポーツ用品



nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ホイール組立て(4)リアホイールのやり直し [■ 手組ホイール]

ニップルを破壊し続け在庫が無くなったリアホイールに再度挑戦です。

まずは、ニップルを緩めて全部交換します。
P1080135.jpg
外したニップルは傷だらけです。
P1080142.jpg

今度は慎重にニップルを回しながら調整していきます。
P1080116.jpg
少しずつ回しているけど、それでも傷はつきますね。
もっと精進しないと傷なしで仕上げるのは無理そうです。

センターを確認しながら、調整完了です。
P1080117.jpg

カラーパーツにこだわったホイールにしたいので、チューブバルブキャップもカラーパーツです。
P1080139.jpg
もう少し丸い感じのキャップが欲しかったのですが、青色がなかったのでこれです。

タイヤとキャップ装着完了です。
P1080140.jpg

完成したから、まだ外も明るいので走りに行こうとピネオに装着してみると、少しセンターがずれていてタイヤがフレームに接触しています。

これはダメだと、もう一度振れをとりながら、センターを調整を繰り返し、装着してはもう少しおかしいと徹底的にやる姿勢でがんばったら、外が暗くなり始めて、走り出せたのは18:00過ぎでした。
P1080144.jpg

時間が遅いので、軽く家の周りを走ってこの日は終了です。
スポークがきしむ音がしなかったのは、スポークのテンションが低いからなのでしょうか?

家に帰りフレームを確認すると縦ふれが出ていたので、また後日に調整することにして、この日の作業は終了です。

ホイール組は楽しい。
nice!(10)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

手組ホイールの覚書(リアの組み方) [■ 手組ホイール]

リアホイールが散々なことになったので、ニップルを新調し組み直す時に覚えておくことのメモです。

・リアホイールはフリー側でほぼ支えている状態らしい。
テンションの掛け方がフロントのように左右均等ではないので、前回に全く調整できずにニップル破損をするまで加重をかけていたようです。

・リアホイールの組み方(反フリー側をラジアル組)は、縦方向への弛みが起こりやすくて、それを防ぐ為に反フリー側のスポークの通し方をスポークを外側に通す方法が良さそうです。
手組の時に使った首曲がりのスポークで起こる現象のようです。
完組ホイールでリアをラジアルで組んでいるものは、この弛みが起こらないように出来ているらしい。

ニップルの交換の時に、以上のことを見直して、次は完成させようと思います。
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の5件 | - ■ 手組ホイール ブログトップ