So-net無料ブログ作成
検索選択

DAHON ROUTEのブレーキワイヤーを交換しました。 [■ DAHON ROUTE]

ミニベロも自宅内に保管なので、折り畳んだ状態で置いております。
その為なのか、DAHON ROUTEのリアブレーキの引きが重くて、危険に感じたのでワイヤーを交換しました。
DSCF5296.jpg
以前に改造してから、走行距離は短いのですが、折り畳んで、ワイヤーにテンションがかかっているのが良くないのでしょうか?

交換前のワイヤーの取り回しでは折り畳んだ時に少し短いのかもしれないので、ワイヤーの長さを少し余裕を持たせるように調整します。
DSCF5289.jpg
標準の状態とは全く違うのオレンジ号です。

交換するワイヤーと新しいワイヤーと比較してみました。
DSCF5290.jpg
古いアウターケーブルは、標準についていたものを流用していたのですが、何処のメーカーなんでしょうね?
新しいワイヤーはシマノ製の白色です。

適当な長さにカットしたアウターワイヤーの先端を整えて、目打ちで穴を広げています
DSCF5293.jpg
この作業を綺麗にしないと、ブレーキの引きは重たくなるそうです。

アウターワイヤー内に、潤滑油をスプレーしておきました。
DSCF5294.jpg
家にあったクレ556を使ってみました。

インナーケーブルにもグリスをしっかり塗りました。
DSCF5291.jpg
こちはら、シマノのデュラグリスです。

1時間ほどの作業時間で、前後のワイヤーを入れ替えてみました。
DSCF5295.jpg
ほんの少し長めにしたつもりが、少し余裕を取りすぎたかな?
動作に問題なさそうなので、このまま使うことにします。

自転車の組み替え作業は楽しいですね。







nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

5/14 ピザを食べに紀美野町をサイクリングしてきました。 [ポタリングへ行ってきました]

5月末に、和歌山のレーシングチームからしまなみ海道200km弾丸ツアーに誘ってもらいました。
1日で200kmをワタクシ達で走りきれるのか?途中棄権できるのか?暗くなっても走るのか?と色々と調べて、準備をしっかりしようと用意して行くと、ライトが3個と補給食やパンク修理キットなどと、荷物が増えてきました。
そうすると、カバンを背負って走るのも無理だろうから、自転車に出来るだけ乗せれるように準備したので、ロードバイクとは思えないくらいに重そうになりました。
DSCF5191.jpg
ホイールもパンク修理しやすいように、リムの浅いものに交換しておきました。

そこで、和歌山の友人にお願いして、紀美野町辺りのアップダウンのあるコースを一緒に走ってもらい実際に、問題ないかをテストしてきました。
DSCF5190.jpg
ウエアも当日に着るものを試してみました。

特に問題なく紀美野町のアップダウンを走って、目的のピザ屋へ到着です。
DSCF5193.jpg
最後に劇坂が待っていましたけどね。

お店は、4月末にオープンしたばかりのきこりのピザ屋です。
DSCF5194.jpg
土日のみの営業で、それ以外の日は、本当にきこりをしているそうです。

薪釜で焼いてくれるピザは、とても美味しかったです。
DSCF5195.jpg
2品頼んで、4人でシェアしました。
DSCF5196.jpg
店の雰囲気も良かったので、また行こうと思います。

この後は、冷たいものを食べて帰ろうと、お気に入りの「野カフェおりや」へ寄りました。
DSCF5197.jpg
この日も暑かったので、かき氷を食べてました。

かき氷を食べながら、チャレンジの日にサポートをしてくれる友人に、途中棄権して折り返すかもしれないことを相談しながら、当日のプランを検討しました。

バックアップの相談もできたし、荷物の多さもストレスに感じなかったので、月末のチャレンジは問題なく出来そうです。




移動できて使いやすい 薪窯づくり指南

移動できて使いやすい 薪窯づくり指南

  • 作者: 深澤 光
  • 出版社/メーカー: 創森社
  • 発売日: 2012/01/24
  • メディア: 単行本



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

5/6 葛城山ヒルクライム練習会へ参加してきました。 [ポタリングへ行ってきました]

連休旅行の翌日は、KCC主催で平野由香里さん(ユカリーナ)をゲストに招いた葛城山ヒルクライム練習会に参加してきました。
旅行の疲れがあるので、相方さんはスタッフで参加しますが、ワタクシは登るのです。
IMG_0141.jpg
40人くらいは参加者がいました。

走り出す前に、ユカリーナ指導で、準備運動してくださいました。
DSCF5117.jpg
この準備運動すると、本当に足がいつも以上に回るのです。

粉河ふるさとセンターを出発して、7つの葛城山ヒルクライムルートの一つの粉河のスタート地点までは隊列を組んでいきます。
IMG_0167.jpg
カメラを相方さんに預けているので、珍しくワタクシの写真もあります。
IMG_0156.jpg
この後は、事情があり遅れるので、ワタクシの写真はありません。

登るのに自信のない人から順番にスタートして、頂上を目指して、自分のペースで登って行きます。
IMG_0204.jpg
粉河ルートは最初のみかん畑が最初の難関です。

ユカリーナも余裕で登っていますね。
IMG_0210.jpg
この段階でワタクシは、遥か彼方の最後尾です。

2/3位登ったところに、粉河ハイランドパークがあります。
IMG_0322.jpg
ここをゴールと勘違いしている人が結構いることを今回に知ったのですが、ここからが一番キツく実質半分地点なのです。
ユカリーナがここを通った時には、ワタクシは遥か後方の2/5位の地点だったと思います。

粉河ハイランドパーク位から霧が出ていましたが、皆さん無事にゴールして記念撮影をされていました。
IMG_0391.jpg
ユカリーナは、インスタグラムのLIVE放送をされていました。
IMG_0380.jpg
この段階でワタクシは、遥か後方の3/5位に到着したかな?だと思います。

頂上では、KCCのボスが用意したイチゴが振る舞われました。
IMG_0401.jpg
ワタクシは、皆さんが下山して戻ってくる時に、粉河ハイランドパークでいただきました。

諸事情によりワタクシは、粉河ハイランドパークで折り返しの下山で、スタート地点の粉河ふるさとセンターへ戻りました。
IMG_0412.jpg
雨予報でしたが、雨が降らずに下山できました。

会場では、グレープフルーツが振る舞われました。
IMG_0405.jpg
ユカリーナが、笑顔で参加者に手渡してくれる特別サービスです。

今回もワタクシは頂上まで登っていないですが、楽しい葛城山ヒルクライム練習会でした。
また開催するとは思いますので、その時は頂上まで上がって、みんなの集合写真に入ろうと思います。








nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

油圧ブレーキのブリーディングをやってみました。 [■ TREK MARLIN7]

先日のコンポーネントの入れ替えの時に、ブレーキのホースの角度がイマイチだと緩めてはいけないボルトを緩めてしまい、ブリーディングされたオイルを漏らしてしましました。
DSCF5186.jpg
ワイヤーの取り回しをフレームの内側に通すのが正しいのか分かりませんが、オイル漏れをやらかしたので、ブリーディングです。

まだ用意する予定ではなかったのですが、道具を購入しました。
DSCF5183.jpg
オイルがどれくらい要るのか分からないので、1L買いましたが、量が多すぎて無駄な買い物でした。
1回か2回分だと、少ないオイルを購入することをオススメします。
そのうち酸化して使えなくなりそう。

シマノはちゃんと説明書を用意してくれているので、説明の通りに作業をすすめていきました。

ブレーキレバーを水平にして、キャップを取り外して上戸をセットします。
DSCF5189.jpg

ブレーキキャリパー側のキャップを取り外して無くさないようにします。
DSCF5188.jpg

7mmの眼鏡レンチをセットして、ミネラルオイルを充填した注射器をセットして、オイルを注入しました。
DSCF5198.jpg
なんか楽しい。

上戸にミネラルオイルが出てきました。
DSCF5199.jpg
ホース内の空気も一緒に押し出されてきます。

上戸にオイルが満たされたところで、付属の栓をして、キャリパー側の7mmのナットを締めます。

注射器を取り外して、オイル受けを接続し、再びキャリパー側の7mmナットを緩めます。
DSCF5200.jpg
オイル受けを買おうと思ったのですが、DIY要素が欲しいのでビニールホースとペットボトルで自作しました。

上戸の栓を取り、上戸内のオイルが無くならないように満たしてから、空気を抜く為に、キャリパー本体やホースをドライバーの柄で叩きます。
DSCF5201.jpg
上戸かオイル受けへ空気が抜けて行きます。

空気が抜けなくなったら、キャリパー側の7mmのナットを締めて、レバーを何度が引いて、効きを確認しました。
DSCF5202.jpg

最後に上戸とオイル受けを外して、キャップを閉じて、作業完了です。

オイルのブリーディングは難しいと思っていたけど、シマノの説明書のおかげで、簡単にできました。
オイルはまだまだあるので、少し外を走ったら、また前後をブリーディングしてみようと思います。







nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

MTBのコンポーネントを入れ替えました。 [■ TREK MARLIN7]

先日に、クランクを10速用(FC-M620)に交換したので、他のコンポーネントも10速化することにしました。
DSCF5168.jpg
ブレーキとクランクを交換するだけのつもりが、総入替になりました。

作業台に乗せても、前が重すぎてバランスが悪いです。
DSCF5167.jpg
約3kgあるフロントフォークも交換したいな。

テクトロのブレーキ(M290)とAltus (M370)のレバーを交換です。
DSCF5170.jpg
DSCF5176.jpg

一つ前のXTのブレーキとシフターに交換しました。
DSCF5179.jpg
シフター&ブレーキレバー(SL-M780-B-I)、ブレーキキャリパー(BR-M785)になりました。
見た目が強そうになりました。

フロントディレイラーは、Altus(9速トリプル)からSLX(FD-M670A)に変更です。
DSCF5175.jpg
フロントのチェーンリングが40Tなので、対応しているパーツが少ないことにビックリしました。
DSCF5181.jpg
ちゃんと動きますよ。

リアディレイラーも、Altus(9速)からSLX(RD-M7000-10-SGS)に変更しました。
DSCF5174.jpg
シャドータイプになるので、スッキリしますね。
DSCF5180.jpg

あとは、チェーンを10速用(シマノではなく、INTREPID1012 10S)、スプロケットも10速用(CS-HG50-10 11-36T)に変更しました。
DSCF5182.jpg

ヤフオクなどを利用して、出来るだけ安くパーツを集めた関係で、中古品や新品、型番がバラバラですが、問題なく動作しそうです。

ここで作業をミスってしまい、ブレーキのブリーディングをしないといけなくなったので、ここで作業は終了です。




nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
メッセージを送る