So-net無料ブログ作成

5/28 女子会ライドへ行ってきました。 [ポタリングへ行ってきました]

相方さんから「友人Sちゃんが遊びに来るから自転車に乗ろうと思う」と言われたので、MTBとミニベロで走れる範囲で女子会ライドを考えることになりました。
DSCF5297.jpg
友人SちゃんにMTBを貸して、ワタクシ達はミニベロで走ります。

友人Sちゃんは、以前に淡輪のカフェまで自転車で一緒に走ったことあるので、距離は問題ないのですが、暑いので無理はいけないと、短めの距離を走って、暑い時間帯はカフェ等に避難することにしました。

うちまで来てもらって、相方さんのフェア等に着替えてもらってから、遅めの時間に出発しました。
DSCF5298.jpg
スピードの出ない自転車なので、のんびり南へ向かいます。

途中で海沿いを走りました。
DSCF5303.jpg
天気が良いので、気分がいいですね。

途中のマーブルビーチで休憩したら良いのですが、今回の目的地は、少し先の田尻漁港なので、スルーです。
DSCF5305.jpg
ワタクシ達のように、のんびりサイクリングをしている人達が木陰で休んでいました。

田尻漁港に到着して、朝市にいきました。
DSCF5307.jpg
相方さん達は初めて朝市に来たので、面白そうに見て回りました。

ここで軽く昼食をとる予定だったのですが、ごはんを食べられそうではなかったので、場所を変えることにしました。

この近くで、いつも人気で入れないカフェ「seed」へ行ってみました。
DSCF5309.jpg
オープン前だから、少し並べばいけるかなと思って交渉してみたら、この日は入店可能でした。

ここへ来ること3回目にして、ランチに入れました。
DSCF5311.jpg
オシャレな種類が沢山あるドリンクバーがあり、女子達のテンションが一気に上がりました。

サラダやパスタ、ピザと、盛りだくさんのランチをいただきました。
DSCF5313.jpg
料理もおいしかったし、大変満足です。

ランチの後は、スイーツのお店へ行く予定なのですが、少し時間の調整をしたいので、りんくうアウトレットへ立ち寄りました。
DSCF5314.jpg
日差しの強い時間帯に外での活動を避けるためでもありました。

少し時間調整をしてから、泉佐野駅近くにあるカフェ「ベッラメンテ」へ行きました。
DSCF5316.jpg
ふわふわのパンケーキが名物らしいです。

お腹がいっぱいになったので、友人Sちゃんが、もう少し運動しておきたいとのことで、山側を走ってきました。
DSCF5324.jpg
気温も下がって来て、走っていて気持ちよかったです。

水間寺に立ち寄ってから、家に帰りました。
DSCF5317.jpg
摂取カロリーの方が多いとは思いますが、仕事が忙しくて運動不足気味だった友人Sちゃんは、自転車で運動して楽しかったみたいです。

次に友人Sちゃんとタイミングが合ってサイクリングへ行く時は、もう少し距離を走れるプランを検討した方が良さそうですね。

南大阪の本 (えるまがMOOK)

南大阪の本 (えるまがMOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 京阪神エルマガジン社
  • 発売日: 2015/09/03
  • メディア: ムック






しまなみ海道200km弾丸ツアーへ行ってきました。 [ポタリングへ行ってきました]

5/20に、和歌山の男前集団(Y's RACING)から、しまなみ海道200kmを走りに行かないかと誘ってもらえたので、最初は遠慮しようかと思っていましたが、相方さんと話し合って、参加してきました。
DSCF5222.jpg
ワタクシ達の1日の走行距離の最長記録は、ド平坦の170kmだったので、無理かもしれないと思っていたのですが、岩出の男前さんが「ちゃんと走りきらせますよ」と言ってくれたので、出来るところまでやってみようと決意しての参加です。

仕事から帰った金曜日の夜に、大阪南港のフェリーターミナルに待ち合わせでした。
DSCF5203.jpg
この日に残業があると参加できないので、実はこれが一番の関門でした。

フェリーに乗り込んで、午後10時に南港を出発しました。

翌日の朝6時にフェリーは到着なので、朝食をとったりの準備をしておきます。
DSCF5218.jpg
オレンジフェリーのサイクリング弾丸ツアーでは、朝食がついているのです。

東予港に到着して、自転車を組み立て、荷物を全て船内に預けました。
DSCF5219.jpg
荷物を預かってくれるサービスも有り難いです。

準備をしている時に、ワタクシ達の装備を見た岩出の男前さんが、「そんなに重たいものいらんで!」「明るいうちに帰ってくるから、俺は点滅ライトしか持ってないよ」と言われましたが、まだまだ不安のあったワタクシ達は、そのまま持って行きました。

東予港を6時40分に出発して、今治市を目指し、当初の予定通りアベレージ25kmを下回ること無くて、順調に進んで行きました。
DSCF5254.jpg
常にY's RACINGの誰かが交代で、スピードをコントロールしながら先頭の風よけをしてくれて、女子達が遅れないように、サポートをしてくれました。
ワタクシと相方さんもY's RACINGのジャージを作ってもらっていますが、完全にお荷物状態で、常に集団の中の方を走らせてもらいました。

途中にコンビニ休憩を取っていますが、午前8時には、しまなみ海道に到着です。
DSCF5231.jpg
今治市は都市部なので、信号はそれなりにあったし、コンビニも寄ったのに約30kmを走るのに1時間ほどで着いています。
Y's RACINGのメンバーは、ほとんど汗もかいてなく余裕な雰囲気でした。
市民レースでも、勝ち負けをする人達は、ちゃんと体を鍛えているのだと実感しました。

しまなみ海道は何度か来ていますが、相方さんは初めて晴れのしまなみ海道です。
DSCF5233.jpg
走り始めに、この景色をみられるから、今治をスタートするコースが好きです。

少し写真撮影をしただけで、集団はどんどん進んで行きます。
DSCF5242.jpg
登りでも平坦でも下りでも、あまりスピードが落ちずに、集団内で走っているワタクシ達は、普段走っているよりも楽に感じています。

伯方島の道の駅で、本日2回目の休憩をとりました。
DSCF5246.jpg
暑かったので、塩ソフトクリームは外せません。

その後も、ペースが落ちること無く集団は進んで行きます。
DSCF5249.jpg
多々羅大橋を通っているから、すでに70km位走っているはずなのですが、ほとんど疲れていません。

午前10時に、ワタクシがリクエストした瀬戸田のコロッケ屋とローストチキン屋がある商店街に寄ってもらいました。
DSCF5255.jpg
各自好きなものを食べて、少し休憩です。
DSCF5256.jpg
Y's RACINGのメンバー、女子達も、美味しいと喜んでくれたので、良い補給になりました。
ここで、20分位休んで、集団は再び走り出しました。

生口島からは、交通量が少し増えたり、コースが悪くなるので、ペースが落ちるかと思いましたが、全くペースを変えずに、集団は進んで行きます。

今回に飛び入りで参加した女子が、絶対に食べたいとリクエストしていた因島にある「はっさく屋」の「はっさく大福」をいただきました。
DSCF5258.jpg
午前中で売り切れることが多く、尾道の手前だから、間に合わないかもしれないと話していたら、十分に間に合いました。

少し寄り道をしすぎたので、予定より少し遅れましたが午前11時50分に、尾道水道の渡船に乗りました。
DSCF5261.jpg
船賃は、自転車を合わせて110円です。
すっかり忘れていましたが、しまなみ海道は、自転車観光客誘致している関係で、常に通行無料になっています。
以前は500円位かかってましたね。

尾道に到着して、100km折り返しポイントの「ONOMICHI U2」に午前12時に到着です。
DSCF5269.jpg
立寄を増やしてもらったので、予定より30分遅れでしたが、それでも速いと思うのです。

ランチ時間でレストランは、大行列だったので、パンを買って尾道水道と自転車を見ながらの昼食です。
DSCF5266.jpg
パンは美味しいのですが、正直コスパは超悪いです。
DSCF5267.jpg

集合写真を撮ったり、しっかり休憩をしてから午後1時に尾道からの渡船に乗りました。
DSCF5271.jpg

帰りは来た道を戻って行きますが、ペースは落ちません。
DSCF5272.jpg

ここで、女子のリクエストで、少し距離を伸ばして自転車神社へ行くことになったのです。
しかし、ワタクシと相方さんは、暑さの影響とランチ休憩した時に集中力が切れたみたいで、ペースを落としながら先に進んで、追いついてもらうことにしました。

ワタクシと相方さんだけ別行動になってから、生口島を走っている時に、相方さんの顔色がとても悪くなり、どこかで休憩をしようと思ったら、ちょうど「ドルチェ」のジェラート屋があったので、ジェラート休憩をとりました。
DSCF5274.jpg
暑かったので、熱中症になりかけたのかもしれません。

少し休んで、水を補給しようと思ったら、店前の自動販売機は売り切れだったので、少し先のコンビニまで進んで、水を補給していたら、男前集団が丁度に合流してくれました。

別行動して、しっかり休憩ができたので、集団に合流して、再び走り始めした。

行きはスルーした自転車の聖地に寄りたいと、女子のリクエストで、立ち寄りました。
DSCF5277.jpg
この段階で午後3時30分でした。

再びスタートして、途中のコンビニで休憩を1回とった集団は、午後5時20分に最後(最初)の橋の来島大橋に到着です。
DSCF5281.jpg
まだ夕日には早い時間に、四国まで帰ってきました。

ここからは、30kmほどを帰るだけなのですが、船の乗船時間が午後8時からと決まっていて、このままでは早すぎるから、夕食を食べてから船に戻る相談が行われました。
出発前には200kmもの距離を走りきれるか心配だと、相方さんや女子達と話していたのに、今治市に帰った時には、早すぎるから時間調整をしようと話している・・・信じられない状態です。

今治市でご飯を食べても中途半端だから、フェリー乗り場に近いところで、ご飯を食べることにしました。
DSCF5286.jpg
和歌山には「得々うどん」がないので、うどんを3玉まで増量できることを珍しそうに男前達は食べていました。
ここは愛媛県ですが、うどんは美味しいのです。

コンビニで夜食やお酒を買い込んでから、フェリーにもどりました。
DSCF5287.jpg
午後7時40分に、本当に200kmを走りきってのゴールです。

帰りは行きと違って、リラックスしてフェリーで休んで大阪へ帰りました。

船内では、達成感いっぱいのゲストのワタクシ達でしたが、Y's RACINGのメンバーには、いつもより負荷の少ないツーリングだったそうです。
この日のエネルギー消費は、岩出の男前さんは2000cal位で、ワタクシは5000calを越えているので、レースで勝ち負けする人は、本当にすごいです。

今回は、Y's RACINGのメンバーのおかげで、200kmもの距離を走らせてもらえて、とても貴重な体験をしました。
また違うツーリング企画にも誘ってもらえると言ってくださっていたので、機会があれば参加しようと思います。




しまなみ島走BOOK <改訂版Ⅱ> しまなみ海道の達人がおすすめするサイクリングの解体新書![しまなみ海道] [ガイドブック]

しまなみ島走BOOK <改訂版Ⅱ> しまなみ海道の達人がおすすめするサイクリングの解体新書![しまなみ海道] [ガイドブック]

  • 作者: 宇都宮一成+シクロツーリズムしまなみ
  • 出版社/メーカー: NPO法人シクロツーリズムしまなみ
  • 発売日: 2016/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



DAHON ROUTEのブレーキワイヤーを交換しました。 [■ DAHON ROUTE]

ミニベロも自宅内に保管なので、折り畳んだ状態で置いております。
その為なのか、DAHON ROUTEのリアブレーキの引きが重くて、危険に感じたのでワイヤーを交換しました。
DSCF5296.jpg
以前に改造してから、走行距離は短いのですが、折り畳んで、ワイヤーにテンションがかかっているのが良くないのでしょうか?

交換前のワイヤーの取り回しでは折り畳んだ時に少し短いのかもしれないので、ワイヤーの長さを少し余裕を持たせるように調整します。
DSCF5289.jpg
標準の状態とは全く違うのオレンジ号です。

交換するワイヤーと新しいワイヤーと比較してみました。
DSCF5290.jpg
古いアウターケーブルは、標準についていたものを流用していたのですが、何処のメーカーなんでしょうね?
新しいワイヤーはシマノ製の白色です。

適当な長さにカットしたアウターワイヤーの先端を整えて、目打ちで穴を広げています
DSCF5293.jpg
この作業を綺麗にしないと、ブレーキの引きは重たくなるそうです。

アウターワイヤー内に、潤滑油をスプレーしておきました。
DSCF5294.jpg
家にあったクレ556を使ってみました。

インナーケーブルにもグリスをしっかり塗りました。
DSCF5291.jpg
こちはら、シマノのデュラグリスです。

1時間ほどの作業時間で、前後のワイヤーを入れ替えてみました。
DSCF5295.jpg
ほんの少し長めにしたつもりが、少し余裕を取りすぎたかな?
動作に問題なさそうなので、このまま使うことにします。

自転車の組み替え作業は楽しいですね。







5/14 ピザを食べに紀美野町をサイクリングしてきました。 [ポタリングへ行ってきました]

5月末に、和歌山のレーシングチームからしまなみ海道200km弾丸ツアーに誘ってもらいました。
1日で200kmをワタクシ達で走りきれるのか?途中棄権できるのか?暗くなっても走るのか?と色々と調べて、準備をしっかりしようと用意して行くと、ライトが3個と補給食やパンク修理キットなどと、荷物が増えてきました。
そうすると、カバンを背負って走るのも無理だろうから、自転車に出来るだけ乗せれるように準備したので、ロードバイクとは思えないくらいに重そうになりました。
DSCF5191.jpg
ホイールもパンク修理しやすいように、リムの浅いものに交換しておきました。

そこで、和歌山の友人にお願いして、紀美野町辺りのアップダウンのあるコースを一緒に走ってもらい実際に、問題ないかをテストしてきました。
DSCF5190.jpg
ウエアも当日に着るものを試してみました。

特に問題なく紀美野町のアップダウンを走って、目的のピザ屋へ到着です。
DSCF5193.jpg
最後に劇坂が待っていましたけどね。

お店は、4月末にオープンしたばかりのきこりのピザ屋です。
DSCF5194.jpg
土日のみの営業で、それ以外の日は、本当にきこりをしているそうです。

薪釜で焼いてくれるピザは、とても美味しかったです。
DSCF5195.jpg
2品頼んで、4人でシェアしました。
DSCF5196.jpg
店の雰囲気も良かったので、また行こうと思います。

この後は、冷たいものを食べて帰ろうと、お気に入りの「野カフェおりや」へ寄りました。
DSCF5197.jpg
この日も暑かったので、かき氷を食べてました。

かき氷を食べながら、チャレンジの日にサポートをしてくれる友人に、途中棄権して折り返すかもしれないことを相談しながら、当日のプランを検討しました。

バックアップの相談もできたし、荷物の多さもストレスに感じなかったので、月末のチャレンジは問題なく出来そうです。




移動できて使いやすい 薪窯づくり指南

移動できて使いやすい 薪窯づくり指南

  • 作者: 深澤 光
  • 出版社/メーカー: 創森社
  • 発売日: 2012/01/24
  • メディア: 単行本



メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。