So-net無料ブログ作成

紀美野町から高野山方面を登ってきました。 [ポタリングへ行ってきました]

和歌山でイベントを開催した時の仲間がロードバイクを買ったので、トレーニングよりのポタリングへ行ってきました。
DSCF4238.jpg
ちょっとおしゃべりなお姉さんと山方面へ行きました。

紀美野町に入ってからは、とにかく登りです。
DSCF4239.jpg
最初は緩やかな登りが続きます。

段々勾配が上がって来て、アップダウンを繰り返します。
DSCF4240.jpg
この辺りはリズムよく登れますね。

そして、かじか荘で休憩です。
DSCF4246.jpg
海南市〜紀美野町経由の高野山方面は走りやすいのですが、コンビ二がないので休憩と補給に困ります。

かじか荘からは、足にくる勾配がずっと続きます。
DSCF4247.jpg
この辺りから、ロードバイクお姉さんの口数が激減しました。

ただひたすら登ったところで、ランチです。
DSCF4249.jpg
このルートで数少ない補給ポイントです。

ランチを食べた後は、高野山での紅葉見物帰りの車が多いなかを西高野街道を慎重に下りました。

山を下ったあとは、紀の川沿いをのんびりと車を止めているスタート地点へ戻りました。
DSCF4253.jpg
この日は、ワタクシもトレーニングと称して、アウターしばりで走ったので、結構な筋肉痛でした。

FELT(フェルト)F95 2017年モデル

FELT(フェルト)F95 2017年モデル

  • 出版社/メーカー: FELT(フェルト)
  • メディア: その他



nice!(12)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

関西シクロ第3戦(りんくう)を観戦してきました。 [ポタリングへ行ってきました]

友人が今年から関西シクロに参戦することになったので、その応援に行ってきました。
IMG_6522.jpg
シクロクロスは、大人の泥んこレースです。

レースがスタートしたら、後は観戦ポイントを移動しながら、応援と写真を撮っていました。
IMG_6513.jpg

りんくうは、海沿いなので、海をバックに走っていました。
IMG_6389.jpg
天気も良かったです。
IMG_6645.jpg

未舗装路を走っています。
IMG_6551.jpg

登りなどでは、担いでいました。
IMG_6961.jpg

障害物もあります。
IMG_7011.jpg
自転車を持ち上げないと越えられない障害物もありました。
IMG_7128.jpg

クランクになっているところも担がないとクリアできないので、見ていて面白いです。
IMG_7113.jpg

一緒に観戦した仲間から誘われて、出ても良いかなと思うけど、ワタクシが出られるクラスは一番下でもレベルが高いので、興味があるけど、参戦は悩ましい。
MTBでも参加できるから、ブレーキだけ交換したら、参加は出来そう。







nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

MTBで葛城アタックへ行ってきました。 [ポタリングへ行ってきました]

11/5の土曜日に、相方さんはお昼過ぎまで出かける用事があったので、ワタクシは一人で過ごすことになり、それならのんびりMTBで朝練コースを回ろうと出かけました。
DSCF4227.jpg

スタートして、順調に山方面へ向かっていたら、鍋谷峠に行ったらどうだろうと考えてしまい、行っても帰り道が面倒だなとの結論になりました。
思考はそこで停止せずに、帰ることを考えると葛城の牛滝ルートが便利だな・・・MTBだから下りもキツいことはないから、行けるよね・・・と考えながら、牛滝山を目指しました。

そして、牛滝山の登り口に到着です。
DSCF4228.jpg
気温は7度で寒いなと考えながら、そのまま牛滝へ向かいました。

向かったはずだったのですが、先日の葛城アタックと同じように岸和田カントリークラブを右折して射撃場方面に向かっておりました。
そして、気がつけば塔原登り口に到着です。
DSCF4230.jpg
誰も知り合いはいないなと思いながら、途中で引き返そうと、足を休めることなく葛城山を登り始めした。
この時は、途中で帰るはずでした。

ところが、登り始めても、誰も遭いません。
土曜日で天気が良いのに、本当に誰もいません。

誰もいないので、景色をのんびり楽しみながらのヒルクライムです。
そして、気がつけば牛滝ルートと合流する三叉路に到着です。
DSCF4232.jpg
この手前で知り合いとスライドしましたが、傾斜のきついところだったので、声をかけることなくすれ違いました。

この三叉路まで来て、引き返しても面白くないので、それなら登かと、残り1.4kmを登ります。

魔王と言われるキツい登り口の中尾ルートとの合流ポイントに到着です。
DSCF4233.jpg
残りは600mほどですが、正直足は終っています。

もう踏み込む力がなくなりながら、山頂に到着です。
DSCF4234.jpg
時間はロードで上がるよりも時間はかかりましたが、しんどいは変わりませんね。

何となく登り始めましたが、初めてMTBで葛城山を登りました。
それも、なんとなく走っていたので、牛滝の途中の内畑交差点から足を着くことがなかったので、2時間位はずっと乗り続けていました。

のんびりサイクリングをするつもりが、チャレンジな登りをやっていました。
やっぱり寒いくらいの方が自転車に乗りますね。

風のヒルクライム ぼくらの自転車ロードレース (物語の王国Ⅱ)

風のヒルクライム ぼくらの自転車ロードレース (物語の王国Ⅱ)

  • 作者: 加部 鈴子
  • 出版社/メーカー: 岩崎書店
  • 発売日: 2015/05/14
  • メディア: 単行本






nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

葛城アタックへ行ってきました。(リベンジ) [ポタリングへ行ってきました]

11月に入って、一気に気温が下がって来たので、そろそろ葛城アタックをするのが厳しい時期になりそうなので、今しかチャンスがない!ということで、文化の日の祭日を利用して葛城アタックリベンジにへ行ってきました。
DSCF4213.jpg
先日に、生石高原へヒルクライムアタックをしたので、気持ちは乗れるつもりです。

恒例になっているB-worksさんを拉致して、あまり負荷をかけすぎないように、塔原ルートの登り口を目指します。

途中に綺麗なコスモス畑がありました。
DSCF4215.jpg
気温は低いけど、秋ですね。

塔原の登り口のバス停に到着すると、一日に数葛をする自転車仲間が休憩中だったので、チャレンジに行くことを伝えると、サポートで一緒に上がってくれることになりました。
登り慣れた人がサポートしてくれるのは、ありがたいです。

さて、休憩を切り上げて出発しようとしたら、KCCの事務局さんから電話です。
「今週の日曜に予定していた試走の件だけど、我々以外は都合が付かないので、今から来られる?」
とのことでした。
今から葛城山を登るので、その足で和歌山へ下りますと伝えて、合流する段取りになりました。

ワタクシ達は、絶対に登って和歌山へ行かないといけなくなったので、相方さんもやる気を出して、スタートしました。
DSCF4216.jpg
ただひたすら登って行きます。

そして、1時間かけて頂上に到着です。
DSCF4222.jpg
葛城アタックを足付き無しで、3人ともクリアです。

登ったら、岸和田サイクリングクラブが設置してくれている掲示板に名前を記入しました。
DSCF4219.jpg

ここでサポートしてくれた仲間は来た道を戻って行きました。
後で聞いたら、この後に3葛目のアタックをしたそうです。

ワタクシ達は下る前に、B-worksさんが行ったことがない展望台に上がって、景色を楽しみました。
DSCF4223.jpg

そして、比較的道の綺麗な和歌山側のルートを下って行きました。
ワタクシ達は粉河へ降りて、B-worksさんは神通ルートを下って行きました。

粉河へ下った後は、事務局さんと合流して、年内に行われるイベントのルート確認と試走を行いました。
いつもとは違うルートを確認した後は、ランチをいただきました。
DSCF4226.jpg
女子が喜ぶようなランチでした。

ランチ後は、事務局さんが大阪側まで車で送ってくれることになり、帰りのヒルクライムをする必要がなくなり、ラッキーでした。
帰る前には、以前から行きたかった和歌山でレースをする人の御用達のメカニックさんのお店へ連れて行ってもらい、後日に相方さんのチネリを持ち込んで、オーバーホールしてもらえることになりました。

これで、7つある葛城ルートの2つ目を制覇(足付き無し)です。

ヒルクライムトレーニングの極意

ヒルクライムトレーニングの極意

  • 作者: 村山 利男
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2015/02/25
  • メディア: 大型本






nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

2016大阪マラソンを観戦してきました。 [外遊び]

過去5回連続落選し、本年は応募を忘れて、未だにワタクシは走れていない大阪マラソンに友人が参加するので、応援に行ってきました。
DSCF4207.jpg
ゴール会場と湊町プレイス周辺での観戦をしました。

友人と合流ポイントを決めて、朝9時に出発して17km地点の合流ポイントには11時位になるとのことで、それに合わせて湊町プレイス前に行きました。
IMG_6283.jpg
一生懸命探していましたが、ワタクシ達は見つけられずに、友人が声をかけてくれて、無事に合流して、温かいスープ、補給食とレッドブルを補給してもらえました。

このポイントを観戦ポイントにした理由は、この先で折り返して戻ってくるからなのです。
反対車線に移動して、再び前を駆け抜ける友人を応援しました。
IMG_6302.jpg
湊町プレイス前の湊町南交差点は、スタートしてから17km地点と折り返して戻ってくるときは22km地点付近になるので、参加しているランナーと待ち合わせするのに便利なポイントだと思います。
走力でペースを割り出して、大体何時に待ち合わせと言っておいて、この日に行われるランナーの位置情報を表示してくれるランナーズアイで確認すれば、ランナーから見つけてもらいやすいです。
集団で走ってくるランナーを、観客から見つけるのは難しいです。

この後は、ゴールで待つ為に、南港へ移動して、時間を調整していたら、ワタクシの予想よりも速いペースで友人はゴールしていました。
DSCF4211.jpg
間に合っても、ゴール前は大混雑で、ゴールシーンは見られなかったかな。

ゴール後の友人は、全てを出し尽くしたみたいでフラフラでした。
差し入れに、また買って来たレッドブルを飲んで、少し顔色が良くなりましたが、42.195kmは本当にキツそうでした。

少し元気になったところで、適当なレストランに入って、ランチを一緒に食べながら、楽しい武勇伝を聞いて、ワタクシも走りたい気持ちが強くなりました。

来年は忘れずに、エントリーをしようと思います。

[ミズノ] ランニングシューズ WAVE CRUISE JAPAN [ユニセックス]

[ミズノ] ランニングシューズ WAVE CRUISE JAPAN [ユニセックス]

  • 出版社/メーカー: MIZUNO
  • メディア: ウェア&シューズ






nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。