So-net無料ブログ作成
検索選択

岬町から高速艇で淡路島へ行ってきました。 [ポタリングへ行ってきました]

昨年に復活すると言われていた大阪の南端の岬町から淡路島の洲本までの定期便は、残念ながら実現していませんでした。
しかし、話が全く白紙になったわけではなくて、試験運航との形ですが、実現しました。
DSCF3129.jpg
相方さんが、船に乗ってみたいと参加を希望したので、B-Worksさんを誘って3人で行ってきました。
予約しておかないといけなかったのですが、申し込みが遅かったので、行きの始発は取れたのですが、帰りの最終便は取れませんでした。
朝7時40分に岬町深日港を出航して、14時30分に洲本港を出航する船で帰ってくるプランです。

準備を整えて、受付をして船に乗り込みます。
DSCF3128.jpg
今回は、船に積むには輪行が必須なので、意外とサイクリストは少なかったです。

洲本港に到着して、輪行を解いて、出発です。
DSCF3135.jpg
洲本を出発して、福良港までのキツい登り区間を走って、時間に余裕があるなら「道の駅うずしお」までご当地バーガーを食べて帰る予定です。

天気は曇りで、途中で雨がパラパラと降ってきました。
DSCF3149.jpg

アワイチコースで、1番キツい登りを越えて海岸線を走っていたら、気持ちいいです。
DSCF3148.jpg
一昨年にアワイチをしたときは、ここは波被りのアトラクションのようなコースでしたが、今回は穏やかな海沿いを楽しみました。
しかし、向かい風だったので、B-Worksさんと交代で先頭を走りました。

福良港へ近づいて行くと、段々天気が良くなってきました。
DSCF3156.jpg
海がキラキラして、来て良かったと思える景色を楽しみました。

キツい登り2回目を越えて、3回目のキツい登りへ向かう手前のタマネギ畑の間を走っているのが、淡路島らしいと思いました。
DSCF3159.jpg
春の新玉の時期に走ると、一面がタマネギなので、景色が面白いですね。

福良港に到着した段階で、出発前に作っておいたスケジュールと比べると30分遅れでしたが、出発も準備に手間取り30分遅れたし、洲本港へ戻るのも30分余裕をみておいたので、「道の駅うずしお」へ行くか、福良で折り返すかの決断です。
心強いB-worksさんが一緒なのと、相方さんの性格を考えると、チャレンジしないと後悔するだろうと判断して、「道の駅うずしお」まで走ることにしました。
正直なところは、15分あれば3台の輪行できるし、多少頑張れば問題なく行けるとワタクシは思っておりました。

アワイチの時に行かなかった鳴門海峡大橋と並走する岬の方を走ったら、真横に高速道路が走っていて、とても不思議な景色でした。
DSCF3164.jpg
天気も回復して、とても気分が良かったです。

道の駅に到着したら、行列に並んで「淡路ビーフオニオンバーガー」を購入します。
DSCF3167.jpg
行列に並ぶのに15分くらいかかって、ちょっと予定外でした。

天気が良いので、外でハンバーガーを食べました。
DSCF3173.jpg
600円(税別)と良心的な価格ですし、とても美味しかったです。

景色とご当地バーガーを楽しんでからは、洲本港へ戻って行きます。
この時に、福良港前のジェラートも食べる予定でしたが、ギリギリになる心配があるので、今回は諦めました。

帰りルートは、平坦コースと言われる28号線を走ったのですが、地味にアップダウンがあって、さすがに疲れが出ている相方さんは、とてもキツかったみたいです。

ほぼノンストップで走り続けて14時前に洲本港に到着です。
DSCF3177.jpg
福良からは、ずっと前を走ってくれたB-Worksさんに感謝です。
5時間の滞在時間で80kmも走ったし、登りありでトータル21km/hを下回らなかったので、やりきった気分です。

さくっと輪行を済ませて、船に乗り込み、先ほど買ってきたスイーツと缶コーヒーで祝杯です。
DSCF3179.jpg
鳴門金時タルト三銃士です。

時間いっぱい使って、最大限に淡路島を楽しんだと、話が盛り上がっているうちに、深日港に到着でした。
楽しい船旅+サイクリングでした。

港に到着した後は車に自転車を積んで、温泉に入って帰りました。
DSCF3198.jpg
最終便が取れなかったから、一本前の船に乗って帰りましたが、地元に帰ってから温泉に寄る余裕があったので、結果的にはメリハリのあるサイクリングを楽しめたし、疲れが残らないように温泉にも入れたので、良かった気がします。

早く定期便として復活して欲しいと思います。
nice!(24)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

結果的に葛城アタックへ行ってきました。 [ポタリングへ行ってきました]

翌週に迫ったピンクリボンサイクリングのグループ走行の先導の為の試走の日です。
相方さんは別件がある為に、ワタクシ一人で参加することになり、それなら自走で集合場所の粉河ふるさとセンターまで行こうと、無謀にも思いつきました。

岸和田から粉河までの最短ルートは、葛城山を登って粉河ルートから下れば、すぐなのです。
帰りは輪行するつもりで、輪行バックをカバンに入れておきました。
600m級のヒルクライムありの40kmなので、余裕を持って集合時間の3時間前に出発しました。

寒いなと思って多めに着込んで走っていましたが、牛滝山の登り口の温度計が零度です!
DSCF3116.jpg
先日に20度の日がありませんでしたか?

のんびり牛滝山を登り、いよいよ葛城山の牛滝ルート入り口に到着です。
DSCF3117.jpg
過去に相方さんと登ろうとして、キツくて止めた登りです。

本当にゆっくりのスピードで、息も絶え絶えで山頂に到着です。
DSCF3118.jpg
最短かもしれないけど、このルート選択は完全に間違いだと思いました。

さて、粉河へ下ろうかとクリートをはめたところで、携帯が何かを受信しました。
「試走中止」との連絡でした!

おお!もう10秒遅かったら気がつきませんでしたよ!

用事がなくなったので、家に引き返しますが、気温が低い上に体感温度も一気に下がるダウンヒルで、凍えそうになりながら、坂を下って家に帰りました。
一応冬装備に近い格好でしたが、服装を失敗したので、マジで寒かった。

輪行バック等の重りを持っただけの葛城山の牛滝ルートのヒルクライム初挑戦でした。
もう登りたくない!
nice!(22)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

回復走のご褒美?ライドへ行ってきました。 [ポタリングへ行ってきました]

無事に終わった和歌山県初のロングライドイベントの翌日は、いつもお世話になっている岩出の男前が出場する「白崎エンデューロ」への応援に向かっていました。
白崎海岸公園の駐車場事情が分からないので、移動用にロードバイクを積んでいました。

車で出発する時に、向かっていることを先方に伝えておいたら、休憩に寄った阪和道の紀の川サービスエリアで、「強風の為に中止になった」との連絡をもらい、予定が空いてしまいました。

相方さんと、天気が良いから、このまま帰るのも勿体ないので、春のサイクリングへ行くことにしました。
DSCF3108.jpg
向かったのは、昨日のイベントのロングライドコースの一部をのんびり走ることにしました。

春の景色を楽しみながらの回復走で、美味しいものを食べて帰るご褒美ライドと決めて、紀美野町の運動公園の駐車場に到着です。
DSCF3084.jpg
昨日に雨の中の大変なライドになった参加者には悪いですが、とてもいい天気で走っています。
DSCF3086.jpg
その代わりに、風は超強いので、なかなか進みません。
DSCF3090.jpg
里山の長閑な景色を写真に撮りながら、のんびりサイクリングを楽しみました。

途中の「たまゆらの里」でランチが食べられそうなことを確認して、もう少し進むことにしました。
DSCF3097.jpg
ピンクリボンサイクリングの抽選会で、こちらの宿泊チケットが当たりますよ。

こちらもピンクリボンサイクリングのスタンプポイントで、唯一キツい登りの上にある「上きしや」に到着し、焼き餅を食べて、もう少しだけ登りました。
DSCF3099.jpg

折り返し予定の高野山の登り口の矢立の交差点に到着です。
DSCF3101.jpg
ここで、相方さんが「これだけ車が少ない日は珍しいね。名残惜しいけど帰る?」と言っているので、「後悔したくないだろうから、登ろう」と急遽に高野山へヒルクライムすることになりました。
相方さん曰く「こうやくんが呼んでいたそうです」

登り始めると、相方さんがドンドンと先に登って行き、ワタクシはドンドンと遅れてしました。
DSCF3102.jpg
おまけに、途中でハンガーノックになってしまって、力なくペダルを回していました。

荷物を持っていたのと、昨日のアテンド疲れ(マジで家に帰って即倒れました)があったとは言え、全く追いつけなかったです。
フィッティング効果だと相方さんは喜んでいました。
ワタクシが40分くらいで登って、相方さんはそれよりも5分以上速かったです。

高野山に上がったけど、冷えてきたので、すぐに下ることにしました。
DSCF3104.jpg
ワタクシは基本的に大門しか高野山を知らない。

慎重にダウンヒルをした後は、ここからが本当の回復走の下り基調の道を、車へと戻って行きました。
ちゃんとランチも食べて、満足です。
DSCF3106.jpg
素材の味がとても美味しいランチでした。

なんか調理法を間違えて、カルボナーラのベーコンが入っていなかったと、後乗せです。
DSCF3107.jpg
この辺りは、和歌山クオリティーと笑っておきましょう。
本当に味はいいですよ。

車へ戻る前に、近くだからと野菜ジェラートで有名な「キミノーカ」へ行こうと、再び坂を登っていたのですが、お店のある谷へのルートを相方さんが見て、帰って来られる自信がないと、引き返しました。
DSCF3114.jpg
さすがに、昨日のサイクリングのサポートと高野山ヒルクライムの後だから、疲れが出ますよね。

結果的に、昨日のカロリー摂り過ぎライドの帳尻を合わせるカロリー燃焼ライドでしたが、とても楽しかったです。
これで、今年も高野山に登ったので、もう良いかなと思わなくもないですが、後2回は登りたいな。
nice!(22)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

紀の川ぐるっとグルメライドへ行ってきました。 [ポタリングへ行ってきました]

昨年から試走を続けてきました「紀の川ぐるっとグルメライド」に参加してきました。
IMG_1946.jpg
和歌山のゆるキャラが歓迎してくれて、雨だったけど華やかなスタートでした。

ワタクシはスタッフなので、朝6時に会場入りをして、雨が止むことを願っていましたが、開会式の段階で、ロングライドコースは30分遅れのスタートになりました。
IMG_1967.jpg
サイクルトレインコースは、電車の時間が決まっているので、予定通りの出発です。

スタートして順調に雨が降ってきましたが、参加者さん達は楽しくサイクリングをしてくれていました。
IMG_2012.jpg
晴れたら、もっと楽しいのです。

途中で雨が弱くなってきたので、記念撮影です。
IMG_2082.jpg
天気予報では、ここから回復に向かうはずです。

最初のエイドステーションの「四季の郷」手前で雨は止んでくれました。
IMG_2165.jpg
ここからは雨合羽を着ずに走れました。

四季の郷に到着。
IMG_2189.jpg
補給食のはずですが、どこの欲張りランチですか?
IMG_2205.jpg
ワタクシは話を聞いていたので、持ち運べるものは鞄にいれて、あまり食べ過ぎないように注意していました。
先導がお腹いっぱいで動けないことになったら大変なので、自制しておりました。

お腹いっぱいで苦しそうな参加者を連れて、今回のルートの最難関の矢田峠を越えて、サイクルトレインに乗る田井ノ瀬駅まで、ちょっと急いで到着です。
IMG_2243.jpg
JR和歌山線の職員さんの丁寧な説明を聞いて、電車に乗り込みます。
IMG_2282.jpg
参加者さんだけでなくスタッフもJRさんも楽しみでした。

車内ではゲストの絹代さんがクイズをしてくださり、大盛り上がりでした!
IMG_2305.jpg
曇り空で山が見えにくかったけど、紀の川の風景を楽しんでもらいました。

降車駅の高野口駅では、ゆるキャラ「ワッフル」がお出迎えをしてくれて、真田丸仕様の駅舎で記念撮影です。
IMG_2378.jpg
JR職員さん達が大喜びで写真を撮ってくださっていたので、どこかの広報誌などに載せてもらえるそうです。
楽しみです。

高野口駅から、ほんの少しサイクリングをしたら、第2エイド(ロングは第3エイド)の「道の駅九度山」に到着です。
IMG_2390.jpg
どこの欲張りランチ(本日2回目)ですか?

また参加者さんたちに、お腹いっぱい食べてもらって、真田部隊のお見送りをしてもらって、ゴールを目指します。
IMG_2429.jpg

大きな事故もなく笑顔でゴールです。
IMG_2495.jpg
楽しいサイクリングでした。

そして、ゴール後もエイドステーションになっています。
IMG_2473.jpg
どこの欲張りランチ(本日3回目)ですか?
※)揚げたて待ちで写真に入っていませんが、まんぷく亭のカラアゲもあります。

100kmコースの5,000kcalを食べてきた人達は、電動アシスト自転車の試乗で少しでもカロリーを消費するために、遊んでいました。
IMG_2517.jpg
競輪選手と電動アシスト自転車との白熱のゴールシーン。
「あれは最高速80kmは出ていた」と和歌山のイケメン談。

笑顔で終れたと思うので、成功だったと思います。
また来年も、内容を一部変更して開催されるそうですよ!
nice!(25)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

桃のだてサイクリングへ行ってきました。 [ポタリングへ行ってきました]

3月6日は、4月のピンクリボンサイクリングの下見を兼ねたサイクリングへ行ってきました。
今回のメインイベントは、桃のビニールハウス内で行われる野点です。
IMG_1910.jpg
だから、桃のだてサイクリングです。

KCCのメンバーと相方さんの友人達の女子多めのサイクリングです。
IMG_1817.jpg
コース等の説明はいつも通りに大雑把だけど、それで大体分かるKCCメンバーは凄いです。

まだ桜のツボミも見えませんが、桜並木が見事なエリアです。
IMG_1820.jpg
写真の撮影スポットでもあります。

他のイベントの下見も兼ねているので、KCCの黒幕さんが歴史の解説をしてくれました。
IMG_1827.jpg
西行生誕のお寺です。

ピンクリボンサイクリングでは名所の桃源郷前の撮影スポットです。
IMG_1839.jpg
イベントでよく使うルートであり、ワタクシが必ず撮影ダッシュをするポイントです。

女子が多いのでスイーツ補給の為に、同じくピンクリボンサイクリングでお約束スポットのフルリールに立ち寄ります。
IMG_1868.jpg
KCCの黒幕さんは、「予定通りにいかんの〜」とぼやいていましたが、気にしない。
IMG_1871.jpg
とても美味しいスイーツを食べて、幸せそうです。

久しぶりに自転車に乗るビアンキさんには少しキツい坂道を上って、これも今回の目玉の一つの「桃カレー」食べにきました。
IMG_1874.jpg
フルーツツーリズム研究会が作る試作段階です。
IMG_1878.jpg
はっきり言って超美味しいです!
リンゴの替わりに桃ではなくて、はっきり桃の味を感じるけど、甘さが自然ですーっと、体に入って行く感じです。

食後のスイーツも必要なので、「藤桃庵」でジェラートをいただきます。
IMG_1882.jpg
この日は暖かかったので、ジェラートがより美味しく感じました。
IMG_1884.jpg
お店のスタッフの腕が上がっているので、段々ジェラートが美味しくなっている気がします。

スイーツ補給をして、すぐに今回のメインイベントの桃のだてです。
IMG_1900.jpg
ビニールハウス内は桃の花が咲いています。
IMG_1907.jpg
なかなか見事な桃源郷です。

のだての抹茶をいただきます。
IMG_1927.jpg
器も特別に絵付けをしたものなのです。
IMG_1935.jpg
お茶菓子も、カフェ「おりや」さんが、この日の為に作った特別な和菓子です。
IMG_1934.jpg
ほっと一息の休憩で、満足です。

あとは、雨が降り出す前に、車に戻って、この日のサイクリングは終了です。
走った距離は28kmと短かったけど、とても楽しいサイクリングでした。

nice!(11)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
メッセージを送る