So-net無料ブログ作成

バイクフィッティングを体験してきました。 [自転車]

友人のB-worksさんは自転車を始めて1年が経ちました。
100kmを走った時に膝の痛みが出てしまって、自転車の正しいポジションとは何だろうと悩んでおられました。
ワタクシの中途半端な知識ながら、試行錯誤の上でポジションを少しずつ変更してみましたが、やはり素人の知識では限界がありました。
自転車はダイエットや腰に良いや健康のために始めることをよく進められますが、間違った乗り方をしていると逆に故障を起こすものではないかと思ってきました。

彼は、ゴルフを以前にやっていた経験から、正しいフォームを教えてもらう為に、本格的なフィッティングを受ける決断をされました。
それなら、いい人がいるよ!と、ワタクシが以前にお知り合いになれた溝端祐一さん(以下、先生)を紹介しようと、仕事終わりに、二人で先生がアドバイザーを務めるアスリートカフェへ行ってみました。
DSCF2333.jpg
お店へ行った時間が遅くて、品切れで片付けている最中でしたが、それがワタクシ達には都合良く先生がフリーだったので、フィッティングについて相談させてもらい、そのままB-worksさんの予約を入れてもらいました。

ここまで乗りかかったので、フィッティング当日もついていきました。
相方さんも興味があったので、ご一緒させてもらいました。
DSCF2214.jpg
ワタクシ達も一緒に話を聞くことを先生は承諾してくれた上に、フィッティングの考え方を理解できるようにセミナー形式で3時間も話を聞かせてもらいました。

その時に、先生が教えてくださった考え方が、フィッティングは自転車を永く続けるために行うことです。
ワタクシ達のような体のこと等に興味がある人間が正しい知識を得て、誰でも正しいポジションでバイクに乗ることが出来るようになったら良いと考えておられるので、ギャラリーのワタクシ達にも色々と教えてくださいました。
自転車のスピードは副産物であって、正しい体の動きで、痛みや故障をなくしていくことなのだと理解しました。
先生は、元プロロードレーサーで、海外の有名なアイアンマンレースで日本人の最高位を記録する位の人なのですが、体を大事にすることを第一にして、誰かと競う速さを求めていないのが、逆に格好良かったです。
実際は、とても速い人です。

とても内容の濃いセミナーを聞けたところで、B-worksさんのポジションが決まりました。
DSCF2225.jpg
横で見ていたワタクシには、別のバイクに乗っているかのように、体の動きが力強くなっていました。
本人は、自転車を体に合わせてもらったのがよく分かったそうです。

一連のフィッティングセミナーを聞いていた相方さんは、途中までは黙っていましたが、沢山質問していました。
興味をより強く持つだろうなと思っていたので、先生にお願いして相方さんのフィッティングの予約をしました。

秋の大型連休の最終日の午後に予約を入れてもらえたので、リニューアルしたアスリートカフェでランチをいただいてから、フィッティングに備えました。
DSCF2330.jpg
栄養バランスが良いのは勿論ですが、とても美味しいです。

食事をして、先生と雑談をした後は、また楽しい3時間のフィッティングセミナーです。
今回はB-worksさんもギャラリーで着いてきてくれました。
DSCF2337.jpg
クリートやバイクセッティングも大幅に変更してもらいました。
DSCF2351.jpg
あっという間に時間がすぎましたが、前回のフィッティングと同じように、相方さんの自転車に乗っている姿が自然なフォームになり、ペダリングも力強いものに変わりました。
DSCF2352.jpg
理想的な体の動かし方も、とても丁寧に説明してもらえました。

ワタクシは、合計6時間ものフィッティングセミナーを聞くことができたので、自分のバイクフィッティングを行ってみようと思います。

溝端祐一先生のフィッティングスタジオ
http://unity-fit.com/

淡路島女子会グルメライド2015へ行ってきました。(2) [ポタリングへ行ってきました]

洲本から五色の間の少しだけ勾配のある山を越えて、次のカフェを目指して一行は進んで行きます。
DSCF2398.jpg
女子達は特に弱音を言うこと無く坂を越えていました。

西海岸の方が海の景色は良いのです。
DSCF2406.jpg
天気も回復しているので、とても気持ちがよいです。

途中の見通しの良い景色の良い場所で、記念撮影をしながら、進んで行きます。
DSCF2413.jpg

後半にもスピードが落ちること無く2件目のカフェに到着です。
DSCF2420.jpg
淡路島へ来る度に、相方さんが行きたいと言っていたカフェにやっと入れました。

スイーツも美味しそうでしたが、淡路牛バーガーをいただきました。
DSCF2431.jpg
とても美味しかったです。

サンセットまでゆっくりしたかったけど、暗くなると危ないので、明るいうちにゴールを目指して出発です。
DSCF2426.jpg
もう少し遅い時間に到着していたら、素通りの予定だったけど、このカフェは無理しても寄るべきだと思いました。

カフェからゴールまでは8kmだけだったのですが、車やトラックが増えてきて危なかったです。
疲れて少し集中力が落ちる時間だから、より慎重に走って明石海峡大橋に到着です。
DSCF2440.jpg
アワイチをしたわけではないけど、オッサン三人でお約束のポーズです。

今回の女子会ライドで2名の女子が100kmライダーを達成することができて、楽しい女子会グルメライドでした。
このコースは何度も走ってきて、素敵なカフェも見つけられているので、100kmライドを初挑戦する女子がいたら連れて行こうと思います。

淡路島女子会グルメライド2015へ行ってきました。(1) [ポタリングへ行ってきました]

本日は淡路島で女子会です。
朝6時に岸和田を出発して、淡路島へ向かいます。
DSCF2361.jpg
大型連休の後の日曜日なので、車は少なかったです。

今回は、女子5名とサポートのオッサン3名の女子の方が多いサイクリングです。
DSCF2363.jpg
明石海峡大橋前を9時に出発です。

まずは、洲本のオシャレなカフェでのランチを目指して、一行は進んで行きます。
DSCF2378.jpg
曇っていましたが、予定の撮影スポットで記念撮影です。
DSCF2368.jpg
晴れていて、ガスが出ていなければ、ワタクシ達が住んでいる泉州方面が見える場所です。

途中の休憩で、B-worksさんがネタの為に仕込んできた岸和田で買ってきたバナナを食べます。
DSCF2383.jpg
妙に鞄が膨らんでいたのは、このためだったそうです。

今回は100km走るのと、カフェに2件行く予定なので、女子達には27km/h位で頑張って走ってもらいました。

そして、予定の11時前にランチのカフェに到着です。
DSCF2388.jpg
ワタクシのリサーチ不足で、オープンが11時半からでした。
オッサン達は自転車談義をしている間に、女子達は周りを散策してきたみたいです。
DSCF2390.jpg
30分も時間に余裕があるのなら、どこか別のお店にも寄ればよかったと、次回以降の課題です。

お店がオープンして、ランチを楽しみました。
DSCF2392.jpg
ワタクシは淡路牛のすじ肉を使ったカレーです。
美味しかったです。

女子達が満足したところで、次のカフェを目指して島の反対側の西海岸方面へショートカットです。
DSCF2403.jpg
田園風景の中を進んで行きます。

続くのです。

[紀の川イベント]11月に女子のサイクルイベントがあります。 [ポタリングへ行ってきました]

11月に、今までのグルメ観光をメインとした「よくばりサイクリング」とは違ってサイクリングをメインにしたイベントを行うそうです。
そのイベントの会議と試走が女子達の頑張りで、着々と行われています。

ワタクシは試走のお手伝いに行っています。
DSCF2268.jpg
8月末から9月は走りやすい季節ですよね。

九度山では、来年の「真田丸」が放送される影響からか、何か違います。
DSCF2257.jpg

試走をしながら、やはりグルメも探します。
九度山のグラタン専門店
DSCF2245.jpg
グラタンが美味しい。
DSCF2249.jpg

九度山の雰囲気の良い町中にある「真田いこい茶屋」
DSCF2251.jpg
町家でいい感じですよ。

スイーツに高野口の浪花堂
DSCF2259.jpg
団子が美味しいし、スイーツはどれも安くて美味しいです。
DSCF2260.jpg

かつらぎ町の少し山の上にある「ふうの丘」のムリーノは、ランチがおいしい。
DSCF2262.jpg

食べてばかりではなくて、景色の良い場所も色々とありますよ。
DSCF2275.jpg

まだ告知がされていませんが、近日中にコース等を決めて、募集が始まると思います。
お楽しみにです!

[秋の連休]2015 大人の遠足へ行ってきました。(2) [ポタリングへ行ってきました]

姫路から城崎温泉を目指して、ワタクシの出発前のタイムスケジュールより1時間半遅れで生野峠を越えることができました。
DSCF2295.jpg
この先に生野北峠と言うのがあったのですが、細かいことは気にしない。

この辺りから、城崎温泉までは下り基調です。
先ほどに1時間半遅れと書きましたが、昼食を先にとっているので、30分ほどの遅れです。
帰りの特急に間に合わす為には、少し頑張らないといけないのですが、まだ相方さんの様子を確認しないといけないし、本格的なペースアップは控えました。

そうすると、ずっと後方で待機をしてもらっていたB-worksさんが、思いっきり足を回したい衝動から、少しずつ飛び出すようになりました。
DSCF2299.jpg
ワタクシの計画ではここから、下り基調の続く20〜30km位の区間を巡航30km/hで引いてもらって、時間に余裕をもつ予定だったのですが、そのことは言わずに、とにかく殿をしておいてと、下がってもらっていました。

ワタクシの頭の中のシミュレーションで思惑が交差しながら進みます。
そして、車が少なくなった312号線を気分良く走りながら、朝来市に到着です。
DSCF2298.jpg
ここは、あの有名な竹田城跡があります。

自転車で走りながら遠目に見ただけです。
DSCF2301.jpg
竹田駅周辺は、元々ある風情の良い街道沿いで、ブームに乗る気満々の町づくりが進んでいました。
DSCF2302.jpg
来年位には、オシャレなお店が増えていると思います。

相方さんも多少のペースアップにも、笑顔で着いて来れる位になったところで、和田山駅前に到着しました。
ここで中止にして帰るかと確認したら、進みたいと満場一致で決定したので、多少は無理をして必死に走ってもらうことが決定しました。
心の中では、特急の止まる駅で、続けるか中止するかを再度確認しようと思っていました。

ワタクシが30km/h程度で引き始めて、少しやり過ぎかな?と思って後方を確認すると、相方さんもそれに対応できていました。
これなら、特急の時間に間に合うと確信できたので、ペースアップ開始です。
DSCF2307.jpg
30km/h巡航を始めると「とっくり氏」が少しずつ遅れ始めたので、膝の痛みが再発したのかと恐る恐る確認したら、「最近は時間がなくて自転車に乗れなくて練習不足だから、ペースが少し辛いだけだよ。ルートは分かっているし、後からついていく。」と言ってくれていたので、一安心です。

ここで、ずっと後方待機で温存していたB-worksさんの本領を発揮してもらうことにして、相方さんを引いて30km/h巡航で先行してもらうことにしました。
ワタクシは「とっくり氏」が遅れ始めたら、少しペースを落として引くことにして、信号が殆どない道を、進んで行きました。
ワタクシ達で、このスピードを維持して3時間(休憩含む)近く走ったのは初めてです。

そうしているうちに、予定の時間と殆ど変わらずに、城崎温泉の入り口に到着です。
大事なミッションをここで遂行します。
DSCF2313.jpg
本来は海まで海水を運んだ方が面白いのですが、海に通じている川で岸和田(瀬戸内海)の海水を放水し、かき混ぜツアーは成功です。

ミッションを済ませた後は、17時27分に城崎温泉駅に到着で、サイクリングは終了です。
DSCF2317.jpg
理想は17時前に到着して、美味しいものを食べる余裕もある位ですが、この日のうちに岸和田へ帰られる特急に遅れなくてよかったです。

110kmも走って温泉街に来たのだから、温泉に入りたいところです。
DSCF2318.jpg
18時16分発の特急まで、時間もあまりないので、足湯に入ります。
DSCF2319.jpg
交代で輪行をしながら、足湯で疲れを癒しました。
5分程度の足湯でも温泉は気持ちいいですね。

帰りは3時間以上電車の中なので、駅弁を買って、楽しく帰路につきました。
DSCF2327.jpgDSCF2323.jpg
電車旅の楽しみの駅弁です。
とっくり氏は福知山駅で、山陰線の特急に乗り換えて、ワタクシ達よりも先に帰れたようです。

多少無茶な計画をしてしまいましたが、仲間の協力のおかげで、楽しい大人の遠足でした。
気になるお店もあったし、もう少し計画を練り直して、また日本列島(本州)横断を挑戦してみたいです。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。