So-net無料ブログ作成
検索選択

鈴鹿ロードの観戦へ行ってきました。(2) [自転車]

シマノ鈴鹿ロードの最後のイベントは、国際ロードです。
これも観戦のプロの友人に連れて行ってもらって、よい場所で観戦しました。

まずは、スタートラインに並ぶ前の待機場所での撮影
IMG_9842.jpg
ここからスタートラインへ順次でかけていきます。
IMG_9851.jpg
スタートラインの人ごみと違って、こちらは空いていました。

レースがスタートしたら、シケインのところで観戦しました。
逆回りなので、登りです。
IMG_9927.jpg
IMG_9937.jpg
IMG_0064.jpg
IMG_0071.jpg
登りとは思えないスピードで選手達が駆け抜けて行きます。

少し移動すると、S字に行く手前のスピードに乗った選手達が見られます。
IMG_9967.jpg
駆け引きをしているところも見られます。

そして、ゴール前に移動しました。
IMG_0231.jpg
最後の駆け引きをやっていました。

残念ながら、ゴール手前まで行けませんでしたので、ゴールシーンは遠いです。
IMG_0273.jpg
でも、8さん(畑中勇介選手)が勝った!

ゴール後に讃え合っていました。
IMG_0298.jpg
さすがに、プロスポーツですね。

そして、レース終了後に、海外の選手がボトルや残った補給食を子供達にあげていたのが、とても格好よかったです。
IMG_0314.jpg
子供達がビックリしていましたが、自転車選手では当たり前のことなのですね。

ゴールを見たので、しっかり表彰式も見ました。
IMG_0349.jpg

すごく楽しい観戦ツアーでした。
また来年も行こうと思いますし、もっと準備をして行くとより楽しめる気がします。
nice!(25)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

シマノ鈴鹿ロードの観戦へ行ってきました。 [自転車]

遠くの鈴鹿ではレースが行われている土曜日に、紀の川で美味しいランチを頂いている時の相方さんと友人さんの会話で、明日の鈴鹿へ行きたいねと話が盛り上がっておりました。
「鈴鹿は車で2時間半あれば着くよ」と入れ知恵をしていました。
そうすると、和歌山のイケメンさんから「入場券ありますよ」と、後押しが入りました。
そして、紀の川の黒幕さんが「買い物へ行くのはいつでも行けるが、鈴鹿は明日しかない」と駄目押しで、急遽で鈴鹿サーキットへ行くことになりました。
IMG_9537.jpg
レースには参加せずに、観戦ツアーです。

シマノ鈴鹿ロードへ行くのだから、絹代さんのセミナーは聞きたいので、間に合うように朝5時に家を出発です。
DSCF2201.jpg
途中で友人さんと合流をして、鈴鹿サーキットを目指します。

朝の8時半に、鈴鹿サーキットに到着でした。
DSCF2203.jpg
5年前に参加した時とは明らかに雰囲気が違っていました。
オリジナルジャージを着ている集団が多いし、バイクの平均金額は明らかに上がっていると思います。

無事に絹代さんのセミナーを聞くことができました。
DSCF2206.jpg
女子とのサイクリングについても、とても勉強になる内容でした。
これは、次回以降に女子とサイクリングをするときに活かしたいと思います。

このあとは、現地で合流した観戦のプロと言うべき友人に連れて行ってもらって、有名人と写真を撮ってもらったり、サインをもらったりして、会場の雰囲気を楽しみました。
海外の招待選手の集合写真です。
IMG_9816.jpg
顔の広い友人のおかげで、選手全員のサインと個別の写真を撮らせてもらったのです。
DSCF2212.jpg
このサコッシュの表面には、シマノレーシングの選手達のサインもいただきました。
DSCF2211.jpg
ワタクシには、家宝ものです。
その上に、泉州での練習中に見かけたら、声をかけてくださいねと言ってもらえたので、選手の名前と顔をしっかり覚えて、偶然出会える幸運に期待したいと思います。

そして、今回にゲットした中でワタクシの最大の収穫がこれです。
DSCF2210.jpg
ピナレロのタオルに、今中大介さん、野寺監督を始め国内の有名人のサインの寄せ書きをしてもらえました。
ワタクシが一番欲しかった畑中勇介選手のサインも頂くことができて、大満足です。
おまけに、写真もしっかり撮ってもらうこともできました。

◎サインをしてくださった人
インターマックス代表 今中大介さん
シマノレーシング監督 野寺秀徳さん
Team Ukyo 畑中勇介選手
宇都宮ブリッツェン 阿部嵩之選手、青柳憲輝選手
マトリックス ホセ ヴィセンテ トリビオ選手、吉田隼人選手
ブリジストンアンカー 清水都貴さん、西薗良太選手、初山翔選手

今までは、観戦だけする人って変わっていると思っていましたが、観戦の方が楽しかったです。
また来年も鈴鹿へ行きたいと思ったし、別のレースイベントも観戦に行こうと思います。
選手として参加する時は、色々な緊張や段取りがあるので、どこか意識が楽しめなかったけど、観戦とイベントを楽しむだけだと、また違うところが見られて、楽しかったです。

観戦の写真に続くのです。
nice!(20)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

真夏ですが、朝ポタの下見へ行ってきました。 [ポタリングへ行ってきました]

真夏です。
暑いです。
こんな日の昼間に自転車に乗ること自体が無理です。

そう考えてはいましたが、ポタリングの下見をする為に、女子店長と出かけてきました。
朝8時半に家を出発です。
DSCF2153.jpg
マジで暑いですって!

岸和田カンカンに到着して、女子店長と合流です。
DSCF2154.jpg
日差しと陰が、完全に暑さを表していますね。

夏と言えば、海です。
だから、海沿いの景色の良い場所を案内します。
DSCF2156.jpg
女子店長は、初めての道だったので、喜んでくれていました。
しかし、暑い。

予定の田尻まではいかずに、りんくうアウトレットのスタバで、本日の下見は終了です。
DSCF2157.jpg
冷たい飲み物で、しばし休憩です。
暑いけど、ここまで走ってくる位はいけそうだとの判断でした。
海沿いだから、風が気持ちよいですからね。

しかし!
帰り道は、気温も上がっているので、とても楽しくサイクリングが出来る状態ではありませんでした。

初心者がサイクリングを楽しむのは無理です。
玄人でも、止めておいた方がいいと思われる暑さなので、8月の朝ポタは中止になりました。

気象庁の発表のように、出来るだけ屋外の行動は避けた方が良いです。
nice!(33)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

洋服のサイズダウンをしました。 [外遊び]

自転車に乗っていますが、摂取カロリー多めのサイクリングばかりなので、ワタクシの体重はほぼ減らないのです。

先日に手持ちのズボンが明らかに痛んできてブカブカだったので、数年ぶりに総入れ替えの買い物へ行ってきました。
ワタクシの服の買い物は「りんくうプレミアムアウトレット」です。
沢山ある店舗を回りながら、デザインとサイズを選びますが、自分に合う大き目のサイズを買うお店も大体決まっています。

今まではデザインを気に入っても、細身で入らなかったアーバンリサーチやジャーナルスタンダードも一応見て回ります。
そうすると、細身のシルエットの綺麗なズボンが入るようになっていました。
少し足が細くなったのかな?と、嬉しくなりました。

セール期間中で、安くなっているものを選んで3本購入です。
IMG_1435.jpg

丁度に児島のジーンズもセール品があったので、購入しました。
IMG_1433.jpg
連休旅行で買って帰りたかったけど、荷物になるので買えなくて心残りだったけど、買えて満足です。

一昨年末から相方さんの影響で週末ごとに50km位はサイクリングをするようになって、スポーツバイクに正しいポジションで楽しく乗れば、サイズダウンはするのだと言えるようになってきました。
ワタクシの場合はカフェポタリングが多いので、カロリー摂り過ぎですけどね。

自転車で健康にやせる方法―スポーツバイクで楽しくダイエットを始めよう (自転車生活How to books02)

自転車で健康にやせる方法―スポーツバイクで楽しくダイエットを始めよう (自転車生活How to books02)

  • 作者: いしわたり 康
  • 出版社/メーカー: ロコモーションパブリッシング
  • 発売日: 2008/08/27
  • メディア: 单行本-平装



nice!(21)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

早朝オンリーの朝練へ行ってきました。 [ポタリングへ行ってきました]

先日に、朝の8時を過ぎたら暑くて、日差しが痛かったのです。
その教訓を元に、9時までには必ず家に帰る条件で、朝練へ行くことにしました。

前日の夜にコソ練の会のチャットに早朝朝練へ行くことを伝えたら、いつの間にか人数が増えて行きました。

例の集合場所で、ウィリエール女子と、B-WORKSさんと、ぐーしーさんと合流して、愛彩ランドへ向かいます。
DSCF2144.jpg

愛彩ランドで、アンカー女子さん、アサミンさん、体操のお兄さん達と合流して、朝練開始です。
DSCF2145.jpg

牛滝山で、一部の人たちは競争をしていましたが、ワタクシはウィリエール女子さんをサポートしながら、のんびり登りました。
DSCF2147.jpg
速い人のお約束で、ゴールしたら後ろを迎えにきてくれていました。

今回もウィリエール女子さんは、足付き無しで牛滝山を登りきっていました。
もうサポート無しでも大丈夫そうです。

休憩していると、アンカー女子さんが葛城山へ登りたいと言い出して、時間に余裕のある人たちは葛城山の頂上を目指して、登って行きました。
DSCF2152.jpg
アサミンさんは、フラペなのに頑張っていました。

ワタクシは、9時に帰ると決めていたので、誘ってもらったけど、帰ることにしました。
この後に梅田へ母親の時計の修理等の予定があったのですが、時間を有意義に使うことができました。




nice!(21)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
メッセージを送る