So-net無料ブログ作成
検索選択

DAHON ROUTEのブレーキワイヤーを交換しました。 [■ DAHON ROUTE]

ミニベロも自宅内に保管なので、折り畳んだ状態で置いております。
その為なのか、DAHON ROUTEのリアブレーキの引きが重くて、危険に感じたのでワイヤーを交換しました。
DSCF5296.jpg
以前に改造してから、走行距離は短いのですが、折り畳んで、ワイヤーにテンションがかかっているのが良くないのでしょうか?

交換前のワイヤーの取り回しでは折り畳んだ時に少し短いのかもしれないので、ワイヤーの長さを少し余裕を持たせるように調整します。
DSCF5289.jpg
標準の状態とは全く違うのオレンジ号です。

交換するワイヤーと新しいワイヤーと比較してみました。
DSCF5290.jpg
古いアウターケーブルは、標準についていたものを流用していたのですが、何処のメーカーなんでしょうね?
新しいワイヤーはシマノ製の白色です。

適当な長さにカットしたアウターワイヤーの先端を整えて、目打ちで穴を広げています
DSCF5293.jpg
この作業を綺麗にしないと、ブレーキの引きは重たくなるそうです。

アウターワイヤー内に、潤滑油をスプレーしておきました。
DSCF5294.jpg
家にあったクレ556を使ってみました。

インナーケーブルにもグリスをしっかり塗りました。
DSCF5291.jpg
こちはら、シマノのデュラグリスです。

1時間ほどの作業時間で、前後のワイヤーを入れ替えてみました。
DSCF5295.jpg
ほんの少し長めにしたつもりが、少し余裕を取りすぎたかな?
動作に問題なさそうなので、このまま使うことにします。

自転車の組み替え作業は楽しいですね。









人気ブログランキングへ
↑ポチッと押してもらえると、頑張れる気がします。


スポンサーリンク





nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る