So-net無料ブログ作成

油圧ブレーキのブリーディングをやってみました。 [■ TREK MARLIN7]

先日のコンポーネントの入れ替えの時に、ブレーキのホースの角度がイマイチだと緩めてはいけないボルトを緩めてしまい、ブリーディングされたオイルを漏らしてしましました。
DSCF5186.jpg
ワイヤーの取り回しをフレームの内側に通すのが正しいのか分かりませんが、オイル漏れをやらかしたので、ブリーディングです。

まだ用意する予定ではなかったのですが、道具を購入しました。
DSCF5183.jpg
オイルがどれくらい要るのか分からないので、1L買いましたが、量が多すぎて無駄な買い物でした。
1回か2回分だと、少ないオイルを購入することをオススメします。
そのうち酸化して使えなくなりそう。

シマノはちゃんと説明書を用意してくれているので、説明の通りに作業をすすめていきました。

ブレーキレバーを水平にして、キャップを取り外して上戸をセットします。
DSCF5189.jpg

ブレーキキャリパー側のキャップを取り外して無くさないようにします。
DSCF5188.jpg

7mmの眼鏡レンチをセットして、ミネラルオイルを充填した注射器をセットして、オイルを注入しました。
DSCF5198.jpg
なんか楽しい。

上戸にミネラルオイルが出てきました。
DSCF5199.jpg
ホース内の空気も一緒に押し出されてきます。

上戸にオイルが満たされたところで、付属の栓をして、キャリパー側の7mmのナットを締めます。

注射器を取り外して、オイル受けを接続し、再びキャリパー側の7mmナットを緩めます。
DSCF5200.jpg
オイル受けを買おうと思ったのですが、DIY要素が欲しいのでビニールホースとペットボトルで自作しました。

上戸の栓を取り、上戸内のオイルが無くならないように満たしてから、空気を抜く為に、キャリパー本体やホースをドライバーの柄で叩きます。
DSCF5201.jpg
上戸かオイル受けへ空気が抜けて行きます。

空気が抜けなくなったら、キャリパー側の7mmのナットを締めて、レバーを何度が引いて、効きを確認しました。
DSCF5202.jpg

最後に上戸とオイル受けを外して、キャップを閉じて、作業完了です。

オイルのブリーディングは難しいと思っていたけど、シマノの説明書のおかげで、簡単にできました。
オイルはまだまだあるので、少し外を走ったら、また前後をブリーディングしてみようと思います。




SHIMANO (シマノ) ディスクブレーキ用ミネラルオイル 1L KSMDBOILO

SHIMANO (シマノ) ディスクブレーキ用ミネラルオイル 1L KSMDBOILO

  • 出版社/メーカー: SHIMANO (シマノ)
  • メディア: その他





人気ブログランキングへ
↑ポチッと押してもらえると、頑張れる気がします。


スポンサーリンク





nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。